ワンストップ特例制度ありの簡単ふるさと納税するなら

高級和牛が貰える!ふるさと納税

ワンストップ特例制度で簡単お得にふるさと納税するなら

高級和牛が貰える!ふるさと納税

ふるさと納税 税金控除 いつから

ふるさと納税の寄付したタイミングと税金控除がされる時期についてですが、

抑えておきたいポイントは

年内12月31日まで納税しているかどうかで翌年の税金控除されるか決まります。

 

12月は1年の中で最もふるさと納税の申し込みが多い月なので

(年間の申し込みの内、約3分の1が12月みたいです。)

年末の休みに入ったギリギリの時期にふるさと納税することもあるかと思います。

 

下記の図を見てみるとこのような形になっています。

 

 

また、申し込みが確定するタイミングですが主に
 

・クレジットカードは申し込みが完了した時点

・銀行振込みの場合は入金後、相手の入金確認が取れた時点

 

クレジットカードの場合は申し込みの時点で入金したと確定されるのが基本なので、

申込日が寄付した日付になります。

(明細に日付が出るので確認しやすいですね。)

 

クレジットカードの場合は12/31日ギリギリまで大丈夫な場合があります。

※クレジットカード会社ごとに決済のタイミングや、契約内容によって異なる場合もあるので確認するのが確実です。

 

また、自治体によっては寄付金の受け入れが「12月中旬まで」「12/28日まで」など

期日が決まっている場合もあるので注意が必要です。

 

銀行振込みの場合は、相手先の営業日などの関係などもあり

確定する日がズレる可能性があります。

 

まとめ

クレジットカード払い、銀行振込み、その他支払い方法に関わらず、

ギリギリのふるさと納税になる場合は事前に自治体に確認しておくのがベストかと思います。

 

・クレジットカード払いなら12/31日まで大丈夫な場合もあり

・銀行振込の場合は余裕を持って早めに入金を済ませたいところ

・自治体によって受け入れ日の期日が決まっている場合もあるので確認はしたほうが無難かと思います。

 

せっかく今年中に寄付したと思っていても、

できていなかったということもあるので、

なるべく余裕を持って寄付を完了しておきたいところです。

 

ワンストップ特例制度ありの簡単ふるさと納税するなら

⇒  WEBでふるさと納税!さとふる

豪華返礼品ランキング

1位
公式サイトはこちら
ふるなび
2位
公式サイトはこちら
さとふる
3位
楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税
3位
ふるなびグルメポイント
ふるなびグルメポイント

 

管理人プロフィール

HN:ニックー

男性(29歳)

職業:自営業

 

サイト運営のきっかけ

「ふるさと納税しとくと良いよ。」と言う話はよく聞くものの、

仕組みも、なぜが得なのか?イマイチ分からず。。。

悔しい&興味があったので、セミナーや説明会に行ったり

実際にふるさと納税をした事がある人に話を聞いたりして

「おっ、ふるさと納税最高ですな( ̄∇+ ̄)vキラーン」って思ったので

情報をシェアしちゃいます。

© 2017 ふるさと納税仕組み rss