ワンストップ特例制度ありの簡単ふるさと納税するなら

高級和牛が貰える!ふるさと納税

ワンストップ特例制度で簡単お得にふるさと納税するなら

高級和牛が貰える!ふるさと納税

ふるさと納税制度 仕組み

ふるさと納税制度の仕組みとは?

このページでは、ふるさと納税制度を利用した場合の

仕組みについて書いています。

 

また、制度そのものの概要はこちらに簡単に書いてあるので、

参考になれば幸いです。

ふるさと納税とは

 

早速、次の項目では

具体例を挙げつつふるさと納税の仕組みについて書いていきたいと思います。

ふるさと納税制度について

ふるさと納税は地方自治体にお金を寄付をすることで

税金が控除される

実質2000円の負担で豪華な返礼品がもらえる

制度です。

 

では、実際にふるさと納税をするとどうなるのか?

 

年収600万円の人を例に

2016年にふるさと納税した場合と、しない場合の

比較を具体的にしてまとめました。

 

年収600万円の方の具体例

(所得税 20% 住民税 10%の場合)

 

ふるさと納税しない場合

2016年 2017年

所得税
住民税

計180万円

所得税
住民税

計180万円

 

支払い:360万円

もらえるもの:なし

 

ふるさと納税する場合(寄付額68,000円)

2016年 2017年

所得税
住民税

180万円
______________
寄付額

68,000円

控除額

66,000円
______

所得税
住民税

173万4000円

 

支払い:360万2000円(353万4000円+68,000円)

もらえるもの:約20,400円相当の返礼品(3割以下の還元に相当する返礼品)

 

ふるさと納税制度を利用するしない 比較まとめ

上記の例を元にまとめると

ふるさと納税した場合としない場合の結論ですが

ふるさと納税した方がお得という結果に

 

支払う総額はふるさと納税した場合、

・2016年度の支払額は寄付額の68,000円分が増える

・2017年度の支払額は66,000円安くなる(控除=減額))

20,000円相当の返礼品がもらえる

 

総額では、ふるさと納税をした場合は

しない場合に比べて2,000円増えてしまいますが

 

返礼品が20,000円相当のものをもらえるので、

自己負担2,000円を支払ったとしても、

全然お得ですよね。

 

20,400円相当の返礼品がもらえると書いている理由は

返礼品の相場が寄付額の3割以下に収まる還元額の品が相場だからです。

 

これが、巷で「ふるさと納税すると良いよ(・∀・)b」と

言われる仕組みです。

 

・自己負担以上の価値のあるものがもらえてお得

・節税にもなる

・サラリーマンの場合、確定申告が楽になる(ワンストップ制度)

・返礼品選びが楽しい

・好きな自治体を応援できる

 

などなど、メリットが沢山です。

ふるさと納税。

良くないですか?

 

ワンストップ特例制度ありの簡単ふるさと納税するなら

⇒  WEBでふるさと納税!さとふる

豪華返礼品ランキング

1位
公式サイトはこちら
ふるなび
2位
公式サイトはこちら
さとふる
3位
楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税
3位
ふるなびグルメポイント
ふるなびグルメポイント

 

管理人プロフィール

HN:ニックー

男性(29歳)

職業:自営業

 

サイト運営のきっかけ

「ふるさと納税しとくと良いよ。」と言う話はよく聞くものの、

仕組みも、なぜが得なのか?イマイチ分からず。。。

悔しい&興味があったので、セミナーや説明会に行ったり

実際にふるさと納税をした事がある人に話を聞いたりして

「おっ、ふるさと納税最高ですな( ̄∇+ ̄)vキラーン」って思ったので

情報をシェアしちゃいます。

© 2017 ふるさと納税仕組み rss