ワンストップ特例制度ありの簡単ふるさと納税するなら

高級和牛が貰える!ふるさと納税

ワンストップ特例制度で簡単お得にふるさと納税するなら

高級和牛が貰える!ふるさと納税

ふるさと納税 妻名義で申請

ふるさと納税を夫の代わりに専業主婦の奥さんがすることもあるかと思いますが、

その際の注意点や方法についてまとめています。

 

こちらのよくある質問コーナーにも書いていますが

ふるさと納税 質問コーナー

 

一番重要な注意点があります。

申請する際は納税者の名義でする必要があります。

※妻名義で申請してしまうと税金控除などの特典が受けられないので要注意です。

 

専業主婦の方自身の手でふるさと納税の申請手続きをする分には大丈夫ですが、

大切なのは「名義は納税者(=夫)で申請する」ことです。

 

具体的には

・クレジットカードでの支払い時は夫名義のカードでする。

・銀行振込みの場合も夫名義でする。

 

こちらのページでは、家族でふるさと納税をする場合の流れも書いているので参考になれば幸いです。

ふるさと納税 家族で挑戦 手続きの流れ

 

とにかく納税者の名義(夫名義)ですることが一番重要です。

理由は納税していない専業主婦の方が寄付しても、税金は安くならないからです。

(共働きで主婦業もこなしているという場合は別です。)

 

専業主婦の奥さんの名義でしてしまうと、

ふるさと納税のメリットを受けることができず、

返礼品を高いお金を払って、ただ買っただけにしまうので

 

旦那さんの代わりに奥さんが手続きをする場合や、

家族でふるさと納税をしようと考えている場合もよくあるかと思いますが、

申請時には必ず納税者の名義ですることを忘れないように注意したいところです。

 

まとめ

・申請手続きは納税者の名義で必ずします。

・納税していない方の名義だと税金控除などのメリットが受けられないので要注意です。

・申請時に納税者の名義であれば専業主婦が手続きをすることは大丈夫です。

 

不安な場合やわからないことがある場合は、

手続きを進める前に、一度各自治体や専門的な質問に回答してもらえる

ふるさと納税サイトでの確認をしてからの方が確実だと思いますので

後から失敗しちゃった。。。とならないように確認しておきたいところですね。

 

ふるさと納税する、わからないことがある場合は

⇒  WEBでふるさと納税!さとふる

 

豪華返礼品ランキング

1位
公式サイトはこちら
ふるなび
2位
公式サイトはこちら
さとふる
3位
楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税
3位
ふるなびグルメポイント
ふるなびグルメポイント

 

管理人プロフィール

HN:ニックー

男性(29歳)

職業:自営業

 

サイト運営のきっかけ

「ふるさと納税しとくと良いよ。」と言う話はよく聞くものの、

仕組みも、なぜが得なのか?イマイチ分からず。。。

悔しい&興味があったので、セミナーや説明会に行ったり

実際にふるさと納税をした事がある人に話を聞いたりして

「おっ、ふるさと納税最高ですな( ̄∇+ ̄)vキラーン」って思ったので

情報をシェアしちゃいます。

© 2017 ふるさと納税仕組み rss